スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私の人頼みFX生活・・・FXの稼げる情報を頂きました。
無料でもらえます。
FX稼げる無料情報はコチラから



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)|

デイトレードと いう取引手法が成り立つ 

金融商品を選ぶ場合、どんな要素に注目しますか。リスクと
リターンの度合い、中途解約や売却のしやすさ、信用リスク
の問題、そしてコスト。いろいろな選択基準がありますが、コ
ストについてお話します。

以前に比べると、株式の売買にかかるコストは、かなり安く
なりました。株式の委託手数料が、小口取引部分も含めて
完全に自由化されたのは、1998年のことですが、それ以前
の手数料率は、今と比べると考えられないほど高いものだっ
たと思います。

たとえば、取引金額で100万円以下の部分に適用されてい
た委託手数料は、確か1%程度でした。つまり、1単元(当時
は1単位)の取引金額が100万円の株式を売買する場合、
片道で1万円の手数料が取られました。

でも、今は完全に委託手数料が自由化されていいますから
、競争によって随分と安くなりました。ネット証券会社で1単
元100万円の取引の株式を売買するとしたら、片道で1000
円程度の手数料で済みます。売り買いの往復でも2000円。
この差はかなり大きいといえます。ですので、デイトレードと
いう取引手法も成り立つわけです。



私の人頼みFX生活・・・FXの稼げる情報を頂きました。
無料でもらえます。
FX稼げる無料情報はコチラから



人民元と香港ドルで割安な方に投資する 

ひょっとしたら割安なのではないかと思われる通貨があります。
中国の人民元と香港ドルを比較した場合、両通貨とも、これまで
ドルペック制といって、米ドルに対して自国通貨を固定させてき
ました。
なぜなら、米国を最大の貿易相手にしている以上、為替変動で
大きな損失を被りたくないという考え方があったからです。
為替差損を被らないようにするためには、米ドルに対して常に一
定の為替レートを維持するように、介入によって調整を続けてい
きます。
ところが、中国の人民元については、ドルペック制の影響で実力
以上に人民元安になっているのではないかという批判が強まり
自由化に向けて動き出しました。ドルペックを廃止し、その結果
一定のレンジ相場のなかで人民元高が続いています。
一方、香港ドルはまだドルペック制を採用し続けています。結果
現状の比較においては、香港ドルが人民元に比べて割安と判
断できるのです。



私の人頼みFX生活・・・FXの稼げる情報を頂きました。
無料でもらえます。
FX稼げる無料情報はコチラから



レバレッジ2~3倍で取引する 

FXはレバレッジといって、手持ち資金以上の金額で取引できます。
これはFX業者によっても異なりますが、最大で400倍までレバ
レッジをかけられるところもあります。

レバレッジ400倍ということは、証拠金が10万円の場合、実に
4,000万円相当の外貨を取引していることになります。自分の
思う方向に相場が動けば、大きなリターンを手にすることができま
すが、逆の方向に動いた時のリスクも極めて高いものになります。

超短期トレードであれば、ある程度、レバレッジを高めにすると同
時に、ロスカットをきちんと行う方法もありますが、中長期投資の
場合、そのような投資はリスキー以外の何者でもありません。
レバレッジ2~3倍で取引する方が無難だと思います。



私の人頼みFX生活・・・FXの稼げる情報を頂きました。
無料でもらえます。
FX稼げる無料情報はコチラから



成長国に投資して高いキャピタルゲインを得る 

株式投資にはグロース投資、あるいは成長株投資といって、
将来的に大きく成長する企業の株式に投資するという方法
があります。
これと同じようにFXでも、将来、大きく成長する可能性の
ある国の通貨に投資することによって、高いキャピタルゲ
インを得るという投資は可能だと思います。
たとえば日本円。戦後、円は1ドル=360円の固定レー
トで取引が再開されました。その後、1ドル=240円の
固定レートに切り上げられ、さらに1971年のニクソン
ショックによって変動相場制に移行してからは、一貫とし
て円高基調が続きました。
途中、円安に振れるなど幾度かの調整を経ながらも、結局、
1995年には1ドル=79円75銭まで、円高ドル安が
進みました。つまり戦後の円相場は、50年近くにわたり、
円高の歴史でした。
これは、日本経済の成長の歴史そのものといっても良いで
しょう。
当然、諸外国の投資家のなかで、長期にわたって円資産を
保有していた投資家たちは、株式をはじめとする資産の値
上がり益に加え、為替差益も反映されるようになるため、
より高いキャピタルゲインが得られたはずです。



私の人頼みFX生活・・・FXの稼げる情報を頂きました。
無料でもらえます。
FX稼げる無料情報はコチラから



デイトレーダーは値動きの大きい通貨で勝負 

短期トレードをメインにしてFXを始めるのであれば、やはり値動き
の大きな通貨ペアを選んだほうが、より短期間で利益を実現させやす
いと思います。

その代表的な通貨ペアは、やはり英ポンド/円や、南ア・ランド/円
といった、基軸通貨ではない通貨を軸にした通貨ペアでしょう。

米ドルやユーロは、市場規模が極めて大きいため、値動きが比較的
緩やかに動く傾向が見られます。ところが、英ポンドや南ア・ランド
になりますと、市場での流通量が米ドルやユーロに比べて小さいため
値動きが荒くなりやすいのです。

もちろん、流通量が少ないからといっても、株式のように全く売り手、
買い手がいないなかで、気配値のみが乱高下するような状況にはなり
にくいのが、FX市場の利点でもあります。

よほどのことがない限り売り手と買い手が存在し、レートが形成され
ています。したがって、流通量の小さい通貨を投資対象にした短期ト
レードも、比較的安心です。



私の人頼みFX生活・・・FXの稼げる情報を頂きました。
無料でもらえます。
FX稼げる無料情報はコチラから



プロフィール

名前・・・コウちゃん
住所・・・兵庫県
趣味・・・海とFXをこよなく愛するおじさんサーファーです。

現在お世話になってる商材

FXデイトレード手法
無料でもらえます。

FX News

-外国為替-
クリック証券
FXするならクリック証券
相互リンクです


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。